ネイバー・エンタメ速報

ネイバーのエンタメ情報のまとめサイトです。

ダチョウ倶楽部も助言…連覇した指原莉乃の公約の熱湯風呂が楽しみ♪

   


◆指原莉乃が史上初の連覇を達成した選抜総選挙

AKB48の「第8回選抜総選挙」で、HKT48の指原莉乃(23)が通算3度目、史上初の連覇を達成した。

かつて「エース」と呼ばれた前田敦子、大島優子が成し得なかった快挙で、指原は「私なんかがという気持ちもありますが、連覇を達成できたことを心からうれしく思います」とスピーチし、喜びをかみしめた。

「新聞の記事を書いている記者の皆さん、見出しは『3万人のファンが指原の連覇を祝福』でお願いします」とマイクパフォーマンスでも沸かせ、貫禄を見せつけた。

◆指原は公約で熱湯風呂をすることを掲げていた

熱湯コマーシャルをコンサートでやります。生着替えあり、熱湯ありで水着コンサートを毎年恒例にしていきたい

上島竜兵(55)は「熱湯風呂の極意を教えるから、頑張って1位を取ってください!」とエールを送った。

◆そして、公約実現に意欲を見せている

連覇公約の早期実現に意欲を見せた。上島竜兵(55)の鉄板ネタ・キス芸も「いつでもOK!」とゴーサインを出した。

指原さんは「ダチョウ倶楽部さんに弟子入りして、生着替えでの水着。そのまま水着で踊りたい」と改めて説明。

ダチョウ倶楽部から勧められたふんどし姿での実行には「無理かな~」と乙女心で拒んだが、「HKTのシングル、センターに立つシングルが発売されるタイミングでやりたい」と誓った。

◆ダチョウ倶楽部の「伝統芸」熱湯風呂

「熱湯コマーシャル」は1980年代末から日本テレビのバラエティー番組「スーパージョッキー」で放送されていた名物企画。

熱湯風呂は3人の得意ネタで、その巧みさは「日本の伝統芸」ともいわれ、テレビCMに使われたこともある。

裸になり、「押すなよ」のタイミング熱湯に落ち、「殺す気か!」と絶叫。そして最後は人工呼吸へと展開する熱湯風呂は、今や彼らの伝統芸となりました。

◆ダチョウ倶楽部はすでに構想を考えている

上島竜兵(55)は「2連覇おめでとう!風呂とふんどしはこちらで用意します」と手ぐすね。

指原が熱湯風呂に入る時期について、肥後は「未定だが、熱湯風呂のセットは博多まで持っていくことになる」と説明。

寺門ジモン(53)は「来月くらいにコンサートの舞台上でやるのが理想的」と構想を話した。

◆また、指原へ助言を送っていた

「熱湯コマーシャル」に挑戦する指原に、リーダー・肥後克広(53)は「エステへ行って、肌をきれいにしておけ」と厳命した。

熱湯に落とされる上島はネタの際、肌の手入れに抜かりはなかったといい「それがプロというもの」と肥後。

(上島竜兵)はプロなので、肌もきれいにしてる。指原もやるなら、お尻にブツブツがないように普段からケアをしておいて欲しいね。あとは竜ちゃんの芸をどこまで理解できているかだね」とアドバイス

 - Uncategorized

×