ネイバー・エンタメ速報

ネイバーのエンタメ情報のまとめサイトです。

メッシが脱税で禁固刑の有罪判決…この事件に衝撃が走っている

   


○スペイン裁判所、メッシ選手に脱税で有罪判決

スペイン・バルセロナ所属のリオネル・メッシ選手とその父親について、スペインの裁判所は6日、脱税の罪で禁錮21か月などとする判決を言い渡した。

メッシ選手と父親に対して、肖像権の収益にからんで、4億5,000万円相当を脱税したとして、1年9カ月の禁錮刑と、罰金4億円相当の有罪判決を言い渡した。

2年未満の禁錮刑の場合、執行が猶予されるため、現地メディアは、メッシ選手らは収監されない見通しだと伝えている。

○2013年に脱税の疑いで告発された

判決によると、メッシ選手と父らは2007~09年、肖像権を管理する会社の売上高を過少に申告し、スペイン税務当局に対する税金約420万ユーロの支払いを免れた。

脱税額は3年間の合計で410万ユーロ(約5億2000万円)以上に達すると報じられた。

○脱税分と金利を含めた金額をすでに納付した

なお、メッシには210万ユーロ(約2億3000万円)、父のホルヘ・メッシ氏には159万ユーロ(約1億8000万円)の罰金が課せられている。

メッシ選手は、脱税分と金利を含めた金額をすでに納付したということです。

○メッシ本人は関与を否定

メッシ選手は「財務については父親に任せていた」などと主張していて、所属するバルセロナはメッシ選手を擁護する声明を出しています。

会社は英国、スイスなどで事業展開し、ドイツのスポーツ用品大手アディダス、米飲料・食品ペプシコ、日本のゲームソフト大手コナミなど多くの企業が顧客だった。

○収監は免れる模様

一方で懲役刑については、スペインの法律では2年以下の刑には執行猶予が付いており、収監は免れる模様だ。

スペインでは2年以下の刑には執行猶予がつくため、実際にはメッシ選手は収監されない見通し。

メッシ選手が刑務所に収監される可能性は低いと伝えています。

○「パナマ文書」にもメッシの名前が出ていた

メッシは課税回避を目的として肖像権収入を租税回避地(タックス・ヘイブン)の企業に譲渡したように見せかけ、不正な納税申告をしたと伝えられている。

メッシ選手らの名前は国際的な課税逃れを巡る「パナマ文書」問題でも取り沙汰されていた。

これまでメッシ選手側は、脱税のことを知らなかったと主張していた。

 - Uncategorized

×