ネイバー・エンタメ速報

ネイバーのエンタメ情報のまとめサイトです。

宇多田ヒカル「とと姉ちゃん」主題歌決定に完全復活の期待が高まってる!

   


2016年春のNHK朝ドラ「とと姉ちゃん」の主題歌担当が決定


NEW YORK – MARCH 25: Singer Utada visits the Sephora store on Fifth Avenue on March 25, 2009 in New York City. (Photo by Brad Barket/Getty Images)

宇多田ヒカル
1983年1月19日(33歳)

NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の主題歌を歌手の宇多田ヒカルが担当することが20日、分かった

宇多田がNHKへ楽曲提供するのは、2006年の『みんなのうた』に「ぼくはくま」を提供して以来

「彼女の奇跡ともいえるのびやかな歌声を半年間、毎朝、視聴者にお届けしたいと考えた。復帰宣言すらしていない宇多田さんに恐る恐るオファーしたところ、お引き受けいただけた」

制作統括の落合将チーフプロデューサーのコメント

※ニュースが流れたその夜、自らもtwitterで報告
(まだ、完成してはいないようです。)

仕事の話じゃい!4月4日から始まるNHKの朝ドラ「とと姉ちゃん」の主題歌をやらせていただくことに。今、ちょうど曲の真ん中辺りの歌詞残り一行を絞り出そうとしているところ。つutadahikaru.jp/news/

すごいこと、
すごいこと

聞いた時はアゴが外れるかと思いました

めちゃくちゃ嬉しいです、お楽しみに☺︎

#とと姉ちゃん
#主題歌
#宇多田ヒカルさん twitter.com/utadahikaru/st…

主演の高畑充希さんもおどろき!

2016年度前半期のNHK朝の連続テレビ小説
4月4日 から放送開始

「とと姉ちゃん」は、生活総合誌「暮しの手帖」の創業者である大橋鎭子、花森安治らの軌跡をモチーフとしたドラマ

昭和の初めに、静岡・遠州で育ったヒロイン小橋常子が12歳で父を亡くし、父親に代わり妹達の父親(トト)として、戦前.戦後をたくましく生き抜いていく家族のお話

アニメ『TIGER&BUNNY』や連続ドラマ『怪物くん』『妖怪人間ベム』などの脚本を担当した西田征史氏が手がける

主人公の常子役を高畑充希が演じるほか、西島秀俊、木村多江、向井理、ピエール瀧、坂口健太郎、片桐はいりらがキャストに名を連ねている

高畑演じる小橋常子は戦後、焼け野原となった東京で、小橋家の父親代わりとして、2人の妹と母を守り奮闘する

(高畑は)舞台「ピーターパン」(8代目)を2007年から6年間務めた後に、2013年に連続テレビ小説『ごちそうさん』に希子役で出演

2016年1月から始まる月9『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』でメインキャストを演じる

宇多田さんは、主題歌担当が発表された前日の19日に誕生日を迎えたばかり

本日 1月19日はキングダムハーツシリーズの主題歌を歌う、宇多田ヒカルさんの誕生日です!
おめでとうございます!!! pic.twitter.com/s9xRc63g9J

宇多田は1月19日深夜にツイッターで「沢山の方に誕生日を祝っていただけて幸せものです」と感謝

沢山の方に誕生日を祝っていただけて幸せものです 32才最後のツイートがビーチクツイでなんだか申し訳ない

そんな、宇多田さんは現在子育てに奮闘中の様子

▼1月2日に今年初ツイート

明けましておめでとうございます。2016年、歌いはじめは「ずいずいずっころばし」でした。

 - Uncategorized

×