ネイバー・エンタメ速報

ネイバーのエンタメ情報のまとめサイトです。

復帰は絶望的か?能年玲奈改め「のん」!すでに第二の能年玲奈も誕生??

   


個人事務所設立も先行き不安な「のん」

独立引退騒動の渦中にある女優の能年玲奈(23)が発売中の写真誌「フライデー」に登場。突然、芸名を「のん」に改名したと発表したため大騒ぎになっている。

「のん」に改名した能年玲奈が、自身が代表取締役を務める個人事務所「株式会社non」を設立したと、21日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が報じている。

「『文春』のインタビュー記事を読んで、能年さんの健気さは伝わってきました。しかし、契約上の問題をこのまま解決せずに延ばしていても、彼女が芸能活動を再開はするのは無理です。所属事務所とのトラブルを抱えているタレントを、テレビ局も企業も起用するわけにはいきませんから。このままでは芸能界を干されてしまう可能性が高いです」

「のん」、字画数は最悪?

お笑いタレントの上沼恵美子がMCを務める読売テレビ「上沼・高田のクギズケ!」が24日、放送され、芸名を「のん」に改名して活動することを宣言した女優能年玲奈(23)について姓名判断では2画の「のん」が大凶運字画数であると専門家が指摘し、上沼は「改名したばかりなのに」と驚きを隠せなかった。

番組には夫婦・家族問題評論家として池内ひろ美氏が出演。池内氏は「『のん』を姓名判断で見ると」とのテーマで「大凶運字画数。気の迷いが多く、あれこれ手を出して失敗する挫折運」などと指摘。

あまちゃんの時は逸材が現れたと思ったのにつくづく残念だね。 – 能年玲奈 改名した「のん」は大凶運字画数 上沼恵美子びっくり(デイリースポーツ) headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160724-… #YJnewsComment

能年玲奈 改名した「のん」は大凶運字画数 上沼恵美子びっくり(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160724-… #Yahooニュース やることが裏目に出まくっているな~誰か彼女を良き方向に導いて欲しいが

能年玲奈 改名した「のん」は大凶運字画数 上沼恵美子びっくり(デイリースポーツ)
井上公造 上沼恵美子
いい加減な事言うな
大阪ローカルだからって許されないぞ headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160724-…

世間では能年復帰を望む声が・・・

SMAP解散問題にせよ能年玲奈さんの復帰改名問題にせよ本当にきな臭いなと眉をしかめてしまうけど、自分の好きな子が身を置いている世界での出来事であって…どうかどうか好きな子がいる場所は健やかに真っ直ぐ笑顔を見せられる場所でありますようにと願ってしまうね

能年玲奈さんは芸能界復帰して、業界の変な論理に負けない人になって欲しい。
それにしても新しい芸名が「のん」とは…デザイナーぽい名前だよなぁ。

能年玲奈、ほんとに可愛い。お願いだから早く復帰して

やっぱり、誰がなんと言おうと能年玲奈が一番やわ
可愛すぎる
早く復帰してもらいたい

能年玲奈あらため「のん」さん

中学校からの憧れ
これからもずっと憧れ

演技もしゃべりかたも
声も考え方も大好き

復帰を心から喜んでます!
本当によかった(T-T)

すでに第二の能年玲奈がいる??

1999年9月24日(16歳)
東京都出身

永野芽郁(ながのめい)は、1999年9月24日生まれ東京都出身。モデル・女優として活動しています。2013年からはファッション雑誌「ニコラ」の専属モデルとして活躍。「ニコラ」は新垣結衣や能年玲奈などが過去のモデルにおり、人気女優を多く輩出しています。

「最近“のん”と改名して騒動になった能年玲奈(23)に似ていると指摘する人がSNSで増えてきているんです。これまではそんなに注目されてなかった永野ですが、このところメディアに多く登場していることと、ロングからショートに髪型を変えたことで、似ているという声が多く聞こえるようになりました」

ほらほら言ったじゃーん!永野芽郁ちゃんと能年玲奈ちゃんは似てるってずーっと言ってたから、やっぱりね
“のん”が2人? 永野芽郁「能年玲奈に激似!」と話題に netallica.yahoo.co.jp/news/20160725-… #ネタりか

能年玲奈ちゃん好きなんだけど最近永野芽郁ちゃんも好きよく見たら2人似てるなーって感じする*˘ ˘* ♡

能年玲奈ちゃんは唯一無二感凄かったけど、遂に出てきた。永野芽郁ちゃんは第二の能年玲奈やな。ほんと魅力的な俳優さん。

のん(能年)と永野は、互いにファッション誌『nicola』(新潮社)のモデル出身。また、アサヒ飲料『カルピスウォーター』のイメージキャラクターも務めていたりと、同じような道を歩んでいる。

 - Uncategorized

×