ネイバー・エンタメ速報

ネイバーのエンタメ情報のまとめサイトです。

戸田恵梨香だけじゃない、「第二のエリカ様」が続々現れる

   


■元祖エリカ様、沢尻エリカ

■新・エリカ様、戸田恵梨香

戸田といえば、漏れ伝わってくるその奔放な言動から、エリカ様こと沢尻エリカにならい、いまや新・エリカ様と呼ばれている。

■続々と「エリカ様化」する女優たち

石原さとみ

映画関係者も「公の場では明るくかわいい『石原さとみ』を演じてますけど、一歩裏に入れば、取り巻きのスタッフや目上の人たち以外には“上からさとみ”」と愚痴をこぼす。

堀北真希

「気に入らないスタッフがいると、周囲の実力者に頼んで無理やり外そうとする。自分がNGを出したのに、スタッフに当たり散らすといった大物女優のような振る舞いもします。」

鬼束ちひろ

鬼束には、まだ一度も会ったことがないという岡村。鬼束ちひろが“第二のエリカ様”になったら芸能界は面白いと語った。

他にも候補が

一瞬、その場がシーンとしましたね。呼びつけられた男性マネジャーはすぐ駆け寄って、篠田さんから何か言われていたんですが……すっかり女王様と下僕、という雰囲気でした。

昨年末あたりから「愛菜ちゃん」と呼ぶと不機嫌になるため、スタッフたちは「芦田さん」と呼ぶそうです。(CMの)ギャラは綾瀬はるかや大島優子をしのぐ推定6500万円! 大人たちは多少のわがままには目をつむるしかないか。

■エリカ様を越えた?

あるライターがとある女優に取材に行ったときのこと。
取材が終わった後、女優がライター本人に向かって「こんな頭の悪いライターは初めて!」と言い放ったのだとか・・・。

井上芸能リポーターは「あまりに強烈なので女優の名前は言えない」と。しかし、司会の宮根さんがヒントに「のだめ」と発言。しかも関西出身だとか。

■「男エリカ様」も

基本的に向井は取材があまり好きではない。受けたとしても、態度は決して良くない。質問が気に入らなければ無視することは当たり前。さらに『別に…』で話を終わらせてしまうこともあります。一部から『これじゃあ、男エリカ様だよ』との声も上がっています。

■別枠で…

切れ長の目とモデルのような整った顔立ちから、スポーツ紙などでは“テコンドー界のエリカ様”といったキャッチが付けられるほど。

 - Uncategorized

×