ネイバー・エンタメ速報

ネイバーのエンタメ情報のまとめサイトです。

AV出演の坂口杏里は芸能活動中にキャバクラ・秘密クラブで「パパ相手」ににお金を・・・稼いでいた。

   


坂口杏里がAVデビュー報道が世間を騒がせた。

女優、坂口良子さん(享年57)の長女でタレントの坂口杏里(25)が、アダルト作品でデビューすることが5日、分かった。芸能人専門メーカー「MUTEKI」から10月1日にもリリースされる予定だという。

AV出演の原因は借金

借金の原因はホストクラブ

ホストクラブに入り浸り、親が残した遺産もすべて使い切り、借金まみれという情報も

「行きつけのホストクラブでは、売り掛け(ツケで飲むこと)も、かなりたまっていたとか。複数のタレント仲間に『10万円貸して』などと懇願していたとも聞くし、生活に困窮していたのは間違いない。

AVの出演料は2000万円だぞうだ

この1本の出演料は1億2000万円とも1億4000万円とも言われていますが、本人の取り分は2000万円前後とか。

母・坂口良子の遺産をすべて使い果たした。娘・坂口杏里

ホストクラブに入れあげた結果、母親が残した遺産を食いつぶしてしまったという転落気味の2世。

彼女が杏里とその兄に残した遺産は数千万円。

義理の父の尾崎健夫は、その預かった遺産を
そっくりそのまま2人の子供に渡したと言う。

現在は、風俗で働いているともいわれているが・・・・

セクシー女優に転身することが決まったタレントの坂口杏里(25)は、滋賀県大津市にある関西NO.1の雄琴のアムアージュと東京23区にあるクラブ虎の穴に勤務していたことが、わかった。

雄琴のアムアージュには、「某有名★現役タレントS」としてGWの3日間、勤務していた。芸能人ということで料金は、100分→18万 、130分→24万 、160分→30万と高額になっていて、週刊誌へのリークを禁じるなど機密保持を徹底している。

クラブ虎の穴には「あんじゅ」として8月29日から勤務していた。現在は、出勤していないため辞めたとみられる。

実は坂口杏里は芸能活動中にもキャバクラでバイトしていた。

タレントの坂口杏里(24歳)が、6月6日に放送されたバラエティ番組「有吉反省会」(日本テレビ系)に出演。昨年、所属事務所に内緒でキャバクラで働いていたことを告白した。

番組は、坂口が働いていたという東京・六本木の「クラブ セタルモ」に直撃。店員さんは「去年の12月に体験入店で働いていました」「名前を隠してやってたんで、バレないかヒヤヒヤしてました」と証言、従業員名簿の一部も公開した。メイクやホクロの位置を変え、カラーコンタクトを入れて、源氏名“あすか”として実際に店に出ていたという。

接客では、東京出身ながら九州弁や関西弁を使い、地方出身者を演じていたとのこと。体験入店は2日間だけだったが、バイト代として約6万円を稼いだことが明かされた。

キャバクラのバイトはお金の為ではなく人生経験と本人は語っている。

 - Uncategorized

×