ネイバー・エンタメ速報

ネイバーのエンタメ情報のまとめサイトです。

乙武洋匡氏が離婚発表…2016年を騒がせた不倫騒動の気になるその後

   


・とかく芸能人や著名人の不倫騒動が多かった2016年

ひっきりなしに不倫騒動が報じられている2016年

2016年は不倫から始まったと言っても過言ではないほど、芸能人の“不倫ラッシュ”が続いている

・つい最近も乙武洋匡氏が、5人との不倫騒動の果てに離婚を発表

不倫騒動の果て、別居を経て離婚に至った乙武さん

今年3月、一部週刊誌で不倫を報じられた作家・乙武洋匡氏(40)が、妻・仁美さんと9月9日に離婚していたことを発表した

関係者によると、乙武氏はリオデジャネイロパラリンピック観戦のためブラジルに滞在中。離婚届は9日前後に出し、3人の子どもの親権は仁美さんが持つという。慰謝料が発生したかについて、同関係者は「話は聞いていません」とした

乙武氏はこの日、公式サイトで「皆様へ」と題するメッセージを掲載。「私自身に至らない点が多々あったにも関わらず、15年という長い歳月、家族のために尽くしてくれた彼女には感謝の念が尽きません」などとコメント

今年3月発売の『週刊新潮』で5人の女性との不倫が報じられ、その後、公式サイトで「失った信頼を回復するのは決してたやすいことではありませんが、いま一度、自分を見つめ直し、家族と向き合っていく所存です」と仁美さんとやり直すことを誓ったが、6月には家族との別居が報じられていた乙武氏

仁美さんも夫の世話をスタッフ任せにした自分にも責任があるとして「2度目はないです」とやり直しを誓ったが、6月には別居が報じられ、5人不倫の代償で結婚15年の家族失うこととなった

・果たしてそうした2016年を騒がせた不倫騒動のその後はどうなっているのか?

▼ベッキーさんとゲスの極み乙女。の川谷絵音さん

明暗分かれるベッキーさんと川谷さんの不倫騒動後

▽騒動の経緯

今年の不倫騒動の象徴ともいえるのが、ベッキー(32)とロックバンド「ゲスの極みの乙女。」のボーカル・川谷絵音(27)との不倫

1月7日発売の週刊文春で、正月に彼らが川谷の実家がある長崎へ旅行で数泊していたところを同誌記者が直撃し、昨年11〜12月に交わされた親密なLINEのやりとりも掲載されたことで不倫が発覚した2人

いち早く謝罪会見を開いたベッキーさんは「友人関係」を主張したものの、その後、「週刊文春」に、会見前のものとみられる2人のLINE、「逆に堂々とできるきっかけになるかも」、「友だちで押し通す予定」などというやり取りが掲載

騒動は終結するかと思われたが…同誌はさらなるスキャンダルを続報。謝罪会見で不倫関係を否定していたが故に反動は大きく、もはや言い訳できない最悪の状況へ。ベッキーは約10社あったCM契約が全滅、さらにテレビ番組も全て休演することに

その後、ベッキーは5月13日に放送された『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』でテレビ復帰を果たし、関係を「友人」と偽ったことについて嘘だとし謝罪

また5月9日には、川谷が、自身のブログで、「我々夫婦は話し合いの末に離婚しました」と離婚したことを発表。騒動は一気に収束

しかしベッキーは今なおテレビに完全復帰できない状況が続く。その一方で、川谷は5月には妻との離婚が成立し、ライブ活動などを精力的におこなっており、8月には新たな熱愛報道もあり、2人のその後の「温度差」を指摘する声が強い

新しい恋人候補と仲睦まじい姿を見せた川谷に対して、一方のいまだかつての輝きは取り戻せていないベッキーは苦難が続いている

▼米米CLUBの石井竜也さん

不倫を報じられるも、その後の迅速な謝罪が注目された石井さん

▽騒動の経緯

30歳年下の女性ファンとの不倫疑惑を3月17日発売の『女性セブン』に報じられた米米CLUBのボーカル・石井竜也さん(56)

石井は3月11日、宮城県石巻市で行われた東日本大震災追悼法要で献歌をささげた後、仙台市のホテルで30歳年下の女性と密会したと報じられた

 - Uncategorized

×