ネイバー・エンタメ速報

ネイバーのエンタメ情報のまとめサイトです。

音楽業界の動向についてまとめ

   


ヤフーとエイベックス、チケット販売会社設立

音楽業界だけでなくチケット転売問題は昔から大きな課題。ヤフーと組むことで多少は解消されるか!?がんばれー。

2016年「定額制音楽配信サービスの利用実態」に関するレポート

2015年の相次ぐ定額制音楽配信サービスのローンチから約1年。トレンド総研が定額制音楽配信サービスの利用実態」に関する調査を実施。分かりやすくまとまっているが、肝心の有料会員数の比較がないのが残念。がんばれー。

熊本地震に関連する公演の実施状況まとめ

九州地方のライブが中止または延期になっています。

2015年世界の音楽産業、史上初デジタルの売上がフィジカルを上回る!

つまり、配信がCDを上回ったってこと。世界ではストリーミングが伸びていて音楽産業は3.2%プラス成長している。日本とは違うので注意。

BABYMETALはもはや神レベル!

米ビルボードの4月23日付アルバムチャートで初登場39位!神レベルは言い過ぎだがアイドルとしてだけでなく音楽性も認められてるということ。同じようなアーティストを真似しようとしてもなかなか難しいだろう。がんばれ~!

2015年の音楽市場まとめ!

2015年の音楽市場が気になる方は日本レコード協会が発行した「日本のレコード産業2016」を参考に。
2016年注目ポイントは、2009年に着うたブームで900億売り上げた配信がどこまで回復できるか。2015年は約半分の470億まで落ちたが果たしてサブスクリプションはどこまで伸びるか?CD市場の拡大は期待できない。

音楽離れは確実に!!

無料でも音楽を聴かない層が広がっているとか。業界的には一番マズいパターンだ。がんばろう!

世界が注目する日本のアーティスト!

これほどまでグローバルで成功しているアーティストは珍しい。ヨーロッパを中心に世界ツアーをこの規模で回れる日本人はなかなかいない。ヘビメタというニッチな分野を狙ったアミューズとトイズファクトリーの戦略。がんばれ。

ストリーミングがダウンロードを抜いた

アメリカの話しだがストリーミング売上がダウンロードを抜いたそうだ。日本は良くも悪くも昔着うたという独自文化が発達しずっとiTunesは鳴かず飛ばず、構造が全然違うので参考程度で。

アミューズの戦略

アミューズがアパレル会社を次々と子会社化している。アーティストのグッズ強化が狙いだ。音源にこだわらずアーティストの魅力すべてをマネタイズする戦略だ。音楽業界全体がこういった動きになるはず。がんばれー。

音楽ジャーナリズムの危機

下の記事の第2弾でちょっと難しい内容。大物アーティストとなるとインタビューはだいたい相性の良いライターさんをご指名します。

音楽ビジネスの頂点と現在地

1998年ごろから現在まで音楽業界のおおまかな流れが語られている。

演歌復活へ政治家が支援!?

演歌は日本発だから大事に応援しようってマジでおかしな話。イヤなニュースだ。

ミスチルがホールツアー!?

ミスチルがあなたの街の文化会館にやってくるっ!2016年は大規模な会場が軒並み閉鎖されるので大物アーティストでもこの手のツアーが頻繁に行われると思う。ファンにとってはより近くで見ることが出来るので貴重なライブとなるはず。

ライブビジネスが世界規模で拡大

チケット価格も昔に比べ高値になっているが、世界的アーティストの公演はどこも満員。ライブへの需要はまだまだ続きそう。がんばれー。

CD買ったらそのままスマホで聞けるサービス

便利そうなサービスだけど対象CDが少ないのと専用プレイアプリが必要なのがネック。今後を見守ろう。がんばれー、レコチョク。

2015年の音楽配信売上は前年比108%と成長!

2015年年間の有料音楽配信売上実績は、数量で1億7,811万ダウンロードの対前年比91%、金額で471億円の対前年比108%となった。
これにより2015年の売り上げは以下のとおり。
音楽ソフト=2,544億円
配信=471億円
—————–
合計金額3,015億円(対前年比101%)<CD+DVD+配信>

テクノロジーは音楽業界を救うのか?

記事としては面白いが海外と日本では大きく違う。ストリーミングが日本の音楽市場を救うわけない。

チケットの転売ビジネスについて考える

ディスクガレージ代表取締役社長 中西健夫氏のインタビュー。昔はダフ屋と呼ばれ今は転売屋となっているが、行きたい人がチケットを取れないことも多々ある現状のチケット問題は深刻。

今の音楽業界を的確に捉えているLD&K大谷氏のインタビュー

昔から幅広くビジネスをされている方なので面白いインタビュー。音楽業界を知りたい人は必見です!がんばれー。

ワーナーミュージック、「niconico」BGM利用許諾

niconico動画でワーナー所属アーティスト楽曲が利用できる。こういった地道な戦略が大事。がんばれ。

ユニバーサルミュージックがHKT4期生募集 レコード会社初の試み

レコード会社はCDだけ売る時代はすでに終わっている。360°契約といわれているアーティストの魅力すべてをマネタイズしないとこれからはやっていけない。がんばれー。

アミューズとランティスが合弁会社 アニソン海外発信へフランスに拠点!

日本のアニメコンテンツへの注目度が高い欧州市場なだけに、いい展開が期待できるのでは。がんばれー。

GLAY・HISASHIが語る、CDバブルが弾けた音楽業界に何を思う?

タイトルも大袈裟で結局はCDの宣伝記事なんだけど、もう音楽で生活が成り立っている人は背伸びしなくてもいいってことです。がんばろう。

CDの売上は10年前から半減!

日本レコード協会発表の数字はサウンドスキャンとややズレがあるがどちらも昨年比はほぼ横ばい。改めて10年前の2006年と比べてみるとほぼ半減している。【2006年:3,515億円→2015年:1,826億円】

2015年音楽ソフト売上はほぼ横ばい

2015年音楽ソフトの売り上げはほぼ横ばい。ミスチル、セカオワ、バンプ、BABYMETAL、でんぱ組.incが好調なトイズファクトリーが大幅にアップ!今年はAKB弱体化により減少と予想。がんばれ!

オリコンシングルデイリーランキング1位「951枚」 史上初めて1000枚を割る

デイリーであればオリコン1位を取るのはそう難しくはない。戦略的に発売日をずらして1位を取る方法もレコード会社ではよくやっているが、1000枚で1位を取れればコストパフォーマンスもいい。もうオリコン自体どうなんだって話だが、、、最近いいニュースがないなぁ。がんばれ!

ネットで買った音楽を披露宴で使えない!!

これは業界の悪い部分で時代遅れもいいいところ。著作権も大事だがこういったユーザー目線を忘れてしまっては業界全体の衰退に繋がる。

 - Uncategorized

×