ネイバー・エンタメ速報

ネイバーのエンタメ情報のまとめサイトです。

“炎上商法”大失敗!!ブログ炎上の長谷川豊アナ『バラいろダンディ』もクビでレギュラー消滅へ

   


9月に投稿したブログの内容が大炎上した長谷川豊アナ

元フジテレビアナウンサー

ブログでは、現状の健康保険制度および年金制度を問題視する中で、日本における人工透析患者に言及。その多くは、医師からの注意を無視して自堕落な生活を送り続けた結果、透析を受けざるを得なくなった「自業自得」な患者だと主張した。

記事のタイトルには「自業自得の人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ!無理だと泣くならそのまま殺せ!」という過激な表現があったこともあり、ネット上では批判が殺到。その後に更新されたブログも含めて物議を醸した。

しかも内容の一部がネットからのコピペであることも明らかに・・・

コピペしたのは障害者手帳所持者の優遇制度に関する部分だが、引用元のブログにあった誤字もそのままの一語一句が同じ“丸パクリ”で、引用元の表記もなかった。

「ブログを読んだ誰もが長谷川アナ自身の言葉で力説していると思ったはず。それが一般人のブログをそっくり引用したものだったとは‥‥。ここまで恥ずかしいのはあまり記憶にありません」(週刊誌記者)

しかし当の本人は炎上中も強気発言「レギュラー週8本なめんなよ」

長谷川アナは情報サイト「ZAKZAK」の27日のコラムで、問題となったブログ記事が拡散されたことに対し、「去年の収入は(フジテレビ時代より)6倍以上」「レギュラー週8本をなめんなよ」と吠えている(現在は削除)

しかしこの直後、テレビ大阪のレギュラー番組を降板する事態に

2015年3月からメインキャスターとして出演していた。

テレビ大阪は29日、報道番組「ニュースリアルFRIDAY」(金曜・後5時13分)のキャスターを務めていた元フジテレビのフリーアナウンサー・長谷川豊氏(41)の降板を発表

テレビ大阪は20日にこの内容を把握して注意を促し、長谷川氏は23日と前日の22日も特別出演の形で番組に出演した。ただ、視聴者から「批判的な意見が100件以上寄せられた」ことなどから、同局は長谷川氏と話し合いの場を持ち、27日に降板を決め、本人に伝えたという。

その後も『クギズケ!』など相次ぎ降板が決定した

10月1日朝のブログで、レギュラー出演していた情報番組「上沼・高田のクギズケ!」(読売テレビ系)から降板することを明かした。

長谷川アナはパネリストとして出演していた。

併せて、自身のブログ記事を転載していたニュースサイト「BLOGOS(ブロゴス)」からも、ライターとしての契約を解除されたことも報告した。

「降板後のブログでは番組関係者や視聴者に詫び、反省の言葉も口にしていますが、例の『人工透析は自業自得』発言は取り消さず、傷つけた人たちへの謝罪もありません。患者は社会のお荷物だと言っているようなもの。ひどい言い草です」(週刊誌記者)

そして唯一残ったTOKYO MXの『バラいろダンディ』

2014年4月の番組当初からMCとして出演しており、降板前は月曜~木曜のMCを担当していた。

10月3日の放送では謝罪後、通常通りに出演し物議を醸していた

「バラいろダンディ」10月3日放送回の冒頭では、長谷川アナが神妙な面持ちで「個人的なブログ内で書きました、人工透析患者に関する記事にまつわりまして、大変多くの方に多大なるご迷惑をおかけしております。大変申し訳ございませんでした」と謝罪した。

その後、番組は通常通りスタート。番組側としては今回の謝罪で「みそぎ」は済んだということのようだ。放送を受けネットでは、「これで幕引きにしていいの?」「放送免許取り上げたい」といった疑問や批判も寄せられていた。

しかし一転、5日の放送で降板が発表されレギュラーが消滅してしまう事態に

この日の番組冒頭、長谷川とともにMCを務めてきた阿部哲子が「長谷川豊さんがきのうの放送をもって番組を降板しました」と説明。

阿部アナは番組内で「今回のブログの件は長谷川さんが100%悪いと思います。フォローの余地は一切ないんですけれども、バカヤローと言いたい気持ちです。ただ、チームとして頑張ってきた仲間がいなくなってしまうのはすごく寂しい思いがします」と心境を吐露した。

長谷川アナは騒動前、「バラいろダンディ」、「ニュースリアル」、「上沼・高田のクギズケ!」、BS12チャンネル「未来展望」にレギュラー出演していたが、「未来展望」は9月に番組終了。残りの3番組を降板し、全てのレギュラーを失うことになった。

この自業自得すぎるレギュラー消滅劇にネットでは・・・

広辞苑で「自業自得」っていう意味は長谷川とかいうアナウンサーの行動と同義でいいですかね。

 - Uncategorized

×