ネイバー・エンタメ速報

ネイバーのエンタメ情報のまとめサイトです。

金爆・鬼龍院翔がポリープ手術へ‥自身も経験した「発声障害」とは?

   


●金爆・鬼龍院さんがポリープの手術を受けることを公表した

ビジュアル系4人組エアーバンド、ゴールデンボンバーのボーカル・鬼龍院翔(31)が8日、ブログを更新。

今月、声帯にできたポリープの手術を受けることを明かした。

・ポリープは3年半前、発声障害になった時に見つかったという

鬼龍院によると、ポリープは小さなもので、3年半前に喉の筋肉の異常な硬直による発声障害になった時に見つかっていたという。

「先生曰く、この程度なら歌唱にあまり影響は無い、とのことでリハビリに取り組んでいました」とこれまでの闘病を明かした。

・今回手術することにした理由

今回手術することにした理由は「長期のツアーも始まるし、歌の仕事の期間が空くので

声帯を真っ直ぐにしておこうかなと思い、手術を決めました」と語っている。

・発声障害については、自身の経験を踏まえて心境を吐露

これからもあの症状が発症する歌手が出続けると考えるといたたまれない」と、自身の経験を踏まえて心境を吐露。

「一人でも発症する人が少なく、どうか少しでも早く、ジストニア・発声障害の医療の研究が一歩でも先へ進むことを願っています」とつづった。

「6月17日からの全国ツアー、演出も歌も空間も、素敵なものになるようメンバー・スタッフ一同努めます」と意欲のほどをつづっている。

●ネットでは、ファンから温かい声が多数寄せられている

本当に、ゴールデンボンバー鬼龍院翔の曲と歌がないと、どれだけ日々に色がなくなることかと!大丈夫!ポリープは完治します^^

鬼龍院さん喉の手術するのね。ポリープだそうな。そんな大がかりなものじゃないみたいだけど、無事に終わることを祈ってます。

金爆・鬼龍院、声帯のポリープ除去手術…6月からの全国ツアー前に決断 : スポーツ報知 hochi.co.jp/entertainment/…

大丈夫かな…
無事、手術が終わりますように!

鬼龍院大丈夫かな。。。
ポリープ小さくてよかった

鬼龍院翔もジストニアなの!ミュージシャンに多い病気?すべてのジストニア患者さんが安心して治療できますように…

金爆・鬼龍院翔、喉のポリープ切除手術へ 発声障害への理解も求める ― スポニチ Sponichi Annex 芸能 sponichi.co.jp/entertainment/…

●鬼龍院さんが患った「発声障害」とは?

発声障害は声を出す過程において、声がかすれたり、声が出ない、声が出にくい状態の事をいいます。

発声障害は、声を出す過程において、どの器官に障害があるかによって病名や症状が違い、分類されています。

 - Uncategorized

×