ネイバー・エンタメ速報

ネイバーのエンタメ情報のまとめサイトです。

ネプチューンが時代劇!?『空想大河ドラマ 小田信夫』

   


▼ネプチューンの3人が揃って時代劇に出演

ネプチューン
http://www.watanabepro.co.jp/mypage/3000002/

写真左から、原田泰造・名倉潤・堀内健

お笑いトリオ・ネプチューンの名倉潤、原田泰造、堀内健が『空想大河ドラマ 小田信夫』に出演する。

▼脚本は演劇界の鬼才・前田司郎

前田氏は演劇界で最も権威がある「岸田戯曲賞」、小説『夏の水の半魚人』で三島由紀夫賞、ドラマ『徒歩7分』で向田邦子賞を受賞。近年では映画監督にも挑戦し、多才ぶりを発揮している劇作家の一人。

▼コントとは一線を画すシチュエーションコメディ

【参考作品】

『ダメ田十勇士』(2016)
http://www3.nhk.or.jp/d-station/episode/sanadamaru/5564/

NHK大河ドラマ『真田丸』の番宣用につくられたスペシャルムービー。パロディー風時代劇。

コントとは一線を画する、「空想大河ドラマ」と銘うったシチュエーションコメディー。

戦国時代を舞台に、架空の小大名・小田家の当主・小田信夫や重臣の柴田勝夫、明智充らが、様々な試練に立ち向かう様を描くコメディー時代劇だ。

当主は小田信夫。同時代の英雄で似た名前の織田信長を意識しつつ、こじんまりと生きている。天下統一を口にしたりもするが、あくまで口だけ。

わきを固める重臣も柴田勝夫に明智充とどこかで聞いたことのあるような名前だが、本物の迫力はかけらもない。

打ち取った首をどこに飾っておくか、怖いし不気味だと押し付けあう殿と家臣。本能寺の近くの寺で「人間五十年~」と始めてみたが誰も見てくれないと怒る主君など…。本格的な時代劇の装いで、奇妙な会話を繰り広げる。

▼原田は俳優としてのキャリアも豊富

2000年に連ドラ初主演を果たして以来、コンスタントにドラマや映画、舞台に出演。

『俳優として最も活躍していると思うお笑い芸人』をテーマに、10代~40代の男女を対象としたアンケート調査を実施。これをランキング化。3位にランクインしたのは原田泰造。

『ごちそうさん』(2013)

卯野大五 役:原田泰造

【主な出演】
NHK大河ドラマ「篤姫」「龍馬伝」「花燃ゆ」
NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」
NHK「ツレがうつになりまして。」
NHKドラマ10「コントレール〜罪と恋〜」

▼意外にも名倉と堀内もNHKドラマ出演の経験

『べっぴんさん』(2016)

野上正蔵 役:名倉潤
http://www.watanabepro.co.jp/mypage/30000002/

名倉さんが朝ドラに出演するのは初めて。会見に出席し、「まさか僕が日本人の役で、朝ドラに出演できるとは思わなかった。関西弁がしゃべれるというだけで呼ばれたんだと思う。」と話した。

『ボクの妻と結婚してください。』

堀内 役:堀内健
http://www.watanabepro.co.jp/mypage/30000003/

堀内健が、NHK・BSプレミアムドラマ『ボクの妻と結婚してください。』第4話にゲスト出演。

堀内は「堀内」と書かれたジャージがトレードマークの芸人役で登場。テレビスタジオ内で遭遇した三村に一発ギャグを次々に繰り出すという役どころだ。

 - Uncategorized

×