ネイバー・エンタメ速報

ネイバーのエンタメ情報のまとめサイトです。

歌丸さんの後任は誰?!…笑点の司会にネットが盛り上がってた

   


■気になる歌丸さんの後任

現在のレギュラー陣の中でただ1人、1966年の放送第1回から出演する番組の最大の功労者。
お疲れ様でした!

15日に放送された日本テレビ系演芸番組「笑点50周年記念スペシャル」(日曜・後5時)の視聴率が20・1%だったことが16日、分かった。

歌丸は「終身名誉司会」となり、生放送で行われる22日放送では、大喜利の最後の司会を務めることになっている。

▼6代目司会候補として名前が上がっている芸能人たち

・大本命は円楽

桂歌丸(79)とレギュラー三遊亭円楽(66)だが、実は仲がよく、長年培った信頼関係でつながっている。

演芸関係者が真っ先に名前を挙げるのが「出演者から昇格するのが自然なので、三遊亭円楽が最有力」という。

・林家木久扇

「歌丸に次ぐ“笑点キャリア”の木久扇さんもあるのでは」と林家木久扇(78)を挙げる関係者もいる。

円楽や木久扇の“内部昇格”となった場合、空きが1人できる回答者に木久扇の長男、林家木久蔵(40)の起用を指摘する声も。

テレビ関係者は「木久扇さんが司会でも、回答者でも、木久蔵さんが加われば父子共演で話題性がある」とする。

本人は?

正式に勇退が発表されると、「本当に驚いちゃって、まだおやりになれるのに。歌丸師匠のあと、じゃあ(後任が)誰がって浮かばない」と語った。

・ビートたけし

話題が出てから、田中はたけしに直接会い、「笑点の司会どうなんですか?」と事実を尋ねたという。

田中はその時のたけしの様子について「まぁ、笑ってて。『だって俺、司会やったら作家全部なくすからなっ』みたいなこと言ってた」と明かし、さらに「たけしさんはやらないと思うよ、笑ってたから」と証言。

「やる」「やらない」という言葉は一切発しなかったという。

・太田光

「当たり前じゃないですか。他に誰がいるんですか」

TBSラジオ「爆笑問題カーボーイ」(火曜深夜1・0)で、日本テレビ系演芸番組「笑点」(日曜後5・30)の大喜利コーナーの司会を務める落語家、桂歌丸(79)の後任に触れ、「オファーがきていなくても、僕はやるつもりでいる。スケジュールはあけて待っています」と色気を見せた。

 - Uncategorized

×