ネイバー・エンタメ速報

ネイバーのエンタメ情報のまとめサイトです。

思い出すと涙が…今年は大物歌手の活動再開がめっちゃ目立ってた

   


◆大黒摩季が6年の休止を経て活動を開始

2010年11月から活動休止中だったシンガー・ソングライターの大黒摩季(46)が13日、故郷の北海道で開催された野外フェス『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2016 in EZO』(石狩湾・新港ふ頭)に出演。

NHKアトランタ五輪テーマソング「熱くなれ」のイントロとともに大黒が登場すると「お帰りなさい!」「待ってたよ~!」という大歓声があがった。

1996年から体調を崩して闘病を続けていたといい、本格的な治療を行うために活動を休止する決断をした

15年11月に受精卵を凍結するという希望を残して、子宮を全摘出する手術を受け、患ってきた子宮腺筋症が完治し、復帰への道を歩む。

大黒摩季さんのメドレーとかね、もうね、涙出てくる。復帰おめでとうなのです、20代の想い出がよみがえってくるなぁ 
#Mステ

◆江口洋介が20年ぶりに音楽活動を再開

俳優として活躍する中、1988年にシングル「ガラスのバレイ」で歌手デビュー。その後もリリースを続け、「恋をした夜は」「愛は愛で」といったヒット曲を世に送り出す。

「役者と音楽を続けてきたけれど、1つのことを極めたかった」という思いから、1999年以降はほとんど歌手としての活動は行ってこなかった。

「30~40代は正直、次から次へと役に没頭するという日々でした。今回は手作り感覚で音楽を再開させたことで、俳優業にもフィードバックできるものがあると信じています」

江口洋介のインタビューより

今後の音楽活動は「まだリサーチ中」と笑ったが、「昔、音楽をやっていたときのスタッフともいまだにみんなつながっているし、やりたいことはいくつかある」と含みを持たせた。

江口洋介さんの20年ぶりに音楽活動再開されてからのセカンドライブ♪
約10年間細く長く好きで、ライブ行って歌聴きたかったとずっと思っていたのですが、今年になって思いもかけず願いが叶いました!
何… instagram.com/p/BLWZI2PD735/

◆Coccoは5年ぶりの全国ツアーとベストアルバムを発表

2017年3月にデビュー20周年を迎えるCoccoが、アニバーサリープロジェクト「Cocco20」を始動させることが明らかになった。

 - Uncategorized

×